九州チャットレディプロダクションチャットウィズ

チャットウィズロゴ

受付時間24時間営業

080-9059-1030

チャットウィズ 長崎店

お問い合わせ

850-0904ページトップ画像

店舗情報

〒850-0904 長崎市大工町

TEL:080-9059-1030

営業時間:24時間営業

定休日:年中無休

長崎といえば、横浜の横浜中華街、神戸の神戸中華街(南京町)と並び、日本三大中華街のひとつでもある長崎新地中華街を思い浮かべる方が多いかと思います。長崎の中華街は、飲食店も約30件前後と、他の2か所よりも小規模ですが、その歴史は最も古く、始まりはまだ日本が鎖国を行なっていた江戸時代まで遡ります。当時、長崎は日本で唯一、外国との交易(中国やオランダ)を行なっていました。そのため、周辺に中国人(華僑出身、華人)が多く居住し、中華街として発展していきました。現在の長崎新地中華街は、1698年に貿易の積荷を搬入していた海岸の倉庫が大規模な火災により焼失したことがきっかけとなり、1702年に海岸を埋め立てて、新地荷蔵と呼ばれる唐船専用の倉庫を建て、ここに多くの中国人が移り住んで中国人街を形成していったことが始まりと言われています。現在の長崎新地中華街では、定番の長崎ちゃんぽんを始め、皿うどんや、餃子、シュウマイ、小籠包、トンポーロー(豚の角煮)、ゴマ団子、春巻き、肉まん、中華まん、角煮まん、桃まん、ハトシなど、本格中華の名店が作る飲茶・点心を食べ歩きながら、唐人屋敷跡や長崎孔子廟、出島などを見たり、多くの土産店でショッピングを楽しむカップルや家族連れの観光客が多く見られます。また、中国の春節に合わせ1月〜2月に行われる「長崎ランタンフェスティバル」では、全国各地から観光客が押し寄せ、毎年100万人近い来場者数を記録しています。長崎のその他の人気な観光スポットとしては、毎年多くの修学旅行生が訪れる「長崎原爆資料館」や「平和公園」や「グラバー園・オランダ坂」、長崎の中心街からは外れますが、長崎を代表するテーマパーク、佐世保市のハウステンボスや、一口ではとても食べられない大きさが特徴の佐世保バーガー、インスタ映えのフォトスポットとしても人気な「軍艦島」や「池島」、「雲仙地獄」、「九十九島パールシーリゾート・九十九島水族館 海きらら」、「島原城」など、”鎖国唯一の日本の玄関口”長崎には、異国文化と日本の文化が共存し発展してきた様々な名所や名物で溢れています。

店舗名 With(チャットウィズ)長崎店
お仕事内容 ライブチャットに来訪するお客様と、パソコンやスマホを使ってインターネット経由でご自身の映像を映しながら会話をするお仕事です。マイクを使って会話をするので、パソコンのタイピングが苦手な方でも簡単にできます。お客様とは直接会うわけではないので安心して働くことが可能です。学生さんOLさんアルバイト・パートさん主婦、子育てママでも、あなたのライフスタイルに合わせ、一番働きやすいスタイルや稼ぎ方を見つけましょう。
応募資格 ・18歳~45歳位の女性の方(高校生不可) ・職歴・学歴・資格は一切必要ありません ・本業・副業・アルバイトなんでもOK ・月に1回の出勤でもOK ・パソコン未経験OK ・未経験大歓迎◎
こんな方にオススメ ・今すぐ稼げるバイトがしたい ・空いた時間に稼ぎたい ・バレずに稼ぎたい ・週1日・数時間だけ働きたい ・掛け持ちバイト・副業がしたい ・在宅で働きたい
面接(ご用意いただくもの) 顔写真付きの身分証明証 (運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・学生証・社員証)※タスポ、ポイントカード等は不可
勤務時間 24時間いつでも自由 深夜/早朝/午前中/昼間/夕方、好きな時間にお仕事して頂けます。
報酬 ・ノンアダルト 最低時給2,000円〜 ・在宅勤務 最低時給2.500円〜 ・アダルト 最低時給3,600円〜 ※完全日払い制 ※ノルマ・罰金は一切ありません ※在宅勤務の場合は週払い、または半月ごとの振り込みとなります。
勤務場所 With(チャットウィズ)長崎店 〒850-0904 長崎市大工町
待遇・特典 ・登録祝金3,000円 ・入店祝金30,000円 ・給与保証あり ・綺麗な個室で働ける ・シャワー室完備、宿泊可能 ・選べる勤務地 ・衣装無料レンタル ・お菓子、ジュースフリー ・送迎あり(熊本のみ) ・アリバイ対策万全 ・在宅勤務の場合、必要であればパソコンなどの機材貸し出しも可能です。

CONTACT

お問い合わせ

\\質問・疑問などいつでもお気軽にお問い合わせください//

080-9059-1030

年中無休24時間営業

Line登録画像 Line登録画像

24時間受付中!いつでもお気軽にご連絡ください!

問い合わせ背景画像

質問・疑問など気になったことはいつでもお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

080-9059-1030

年中無休 24時間営業

LINEで応募・質問する
長崎店エリア情報

長崎エリア情報

長崎県は九州の西海岸に位置し、火山や森林に覆われた沖合の島々からなり、47都道府県中最も島が多い県になります。

東に佐賀県と隣接する以外は、周囲を海に囲まれており、対馬、壱岐、五島列島などの島嶼が971あり、海岸線の長さは4,137キロメートル (km) となり、北海道に次いで国内2位となります。

面積では北海道の20分の1であるにも関わらず、これだけ多くの海岸線を有しているのは、日本1位の島嶼の多さにあります。港の数も群を抜いており、県全域に83箇所の港湾が点在しており、これは日本国内の7.4%にも及びます。

長崎県営バスターミナル

長崎県営バスターミナル

長崎県営バスターミナルはJR長崎駅前の長崎交通産業ビル(交通会館)の1階にあります。このバスターミナルには「長崎市内」と「長崎空港」を結ぶリムジンバスが運行され、空港を利用する観光客の窓口となっています。

ハウステンボス方面や、佐世保、仙方面行など、県内の観光地へもこの長崎県営バスターミナルから行く事が出来ます。多くの人が使える利便性を考慮し、ターミナルの正面入り口にはスロープが設置され、車椅子で入ることができます。

建物の中には段差がある為、車椅子や足の不自由な方でもご利用頂けるようリフトが設置されています。2階には「長崎県物産館」があり、長崎県特産のお土産を買うこともできます。

長崎ランタンフェスティバル

長崎ランタンフェスティバル

長崎の代表的な冬のイベントとして知られるランタンフェスティバル。全国的にも知られ、彩り豊な約1万5000個ものランタンが街中に灯され、幻想的な空間を創りあげます。

開催期間は1月から2月にかけ開催され、期間中の17時から22時まで明りが灯されています。ランタンは大小様々な色と形があり、多きものでは10mに及ぶものもあります。

もともとは中国の旧正月のお祝いだった為、中国に所縁のあるイベントを多数見る事が出来ます。「皇帝パレード」や「媽祖行列」「龍踊り」「中国雑技」「二胡演奏」「中国獅子舞」といった異文化の催し物を日本に居ながら体験する事が出来るのも魅力の一つです。

アクセスは、JR長崎駅から路面電車「長崎駅前」より乗車し、「新地中華街電停」で下車して徒歩2分の所で開催されています。

ハウステンボス

ハウステンボス

ハウステンボスは、全身を「長崎オランダ村」と言い。長崎県の佐世保市にある巨大なテーマパークです。

その広さは東京ディズニーランドの1.5倍の敷地面積を誇り、単独のテーマパークとして日本最大の大きさになります。敷地内全体はオランダの街並みを再現しており、テーマとして「ヨーロッパ全体」が掲げられています。

また、コンセプトとして「街をつくる」というコンセプトに基づいている為裏舞台がありません、ホテルのリネンの搬入や、宅配などの搬入もメインの道路を使用して搬入されていますが、その車両はテーマカラーで統一されており程よいアクセントとして成立しています。

街として常に彩られた環境を作り出す為、1年中花が咲き、夜間は幻想的なライトアップが灯されます。多数のアトラクション施設やイベントも開催され、来場者数は272万人にも及びます。

平和公園

平和公園

小高い丘に設けられた平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという近いと、世界の平和を願い作られた公園です。

その平和公園の象徴的な像として平和祈念像が挙げられます。鎮座した像の右腕は天を指さし、左手は水平に伸びています。これは、長崎出身の制作者である彫刻家北村西望氏曰く「この像を神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いを込めました。」と語っている。

また、公園には泉が設けられており、これは原爆で亡くなった方や、水を求めながら亡くなった方々への御冥福と、世界恒久平和と核兵器廃絶の願いを込めて造られました。

軍艦島

軍艦島

正式名称は端島(はしま)という島、しかし、外観がまるで軍艦に見える事から「軍艦島」と呼ばれている。

長崎県野母半島の西方、長崎港から約18kmの海上に位置しており、東西約160m、南北約480m、面積6.4haの小島である。

2015年には国際記念物遺跡会議により、世界文化遺産に登録されている。もともとは海底炭鉱を生業とする島で、1960年代は東京以上の人口密度を誇っていた。当然活気に満ち溢れしかし、昭和49年(1974年)に閉山となり、次第に島民が島から離れ無人島になってしまった。

現在では立ち入りも制限され、廃墟のコンクリート群が立ち並ぶ空虚な雰囲気のある軍艦島だが「軍艦島デジタルミュージアム」というサイトで当時の活気溢れる端島を垣間見る事が出来る。このサイトでは「元島民コラム」など、当時実際に軍艦島に住んでいた人達の貴重な実体験なども読むことが出来る。

雲仙地獄

雲仙地獄

長崎雲仙温泉観光のメインスポット。温泉街の中心に位置し、白い土に覆われている。

至る所から120℃にもなる温泉の噴気が噴き出し「大叫喚」「泥火山」「お糸」「清七」など30あまりの硫気孔による地獄の景色が見られます。

一帯には天然記念物のシロドウダンの群落なども見る事ができ、雲仙地獄茶屋では、地熱が体験できる雲仙地獄足蒸しや、雲仙地獄で蒸した温泉卵も楽しめます。

「ばらかもん」あらすじ

「ばらかもん」あらすじ

書道家の半田清舟は、ある受賞パーティーで自分の作品を酷評した書道展示館の館長を殴りつけてしまう。

父親は半田に「人間として欠けている部分」を見つけさせるため、彼を自然豊かな五島(五島は長崎県に属する五島列島の事)へと送り込む。そこで個性的な島民達と出会い、彼の心は少しずつ動かされていく。

初めて出会った自然の世界やお互いに助け合う気持ち、それは型に嵌っていた半田の書、そして半田自身の心も少しずつ成長させていき…というお話し。

「坂道のアポロン」あらすじ

「坂道のアポロン」あらすじ

舞台は1966年の初夏を迎える長崎県の佐世保市。

横須賀から佐世保東高校に転校してきた西見薫は幼い頃から転校を繰り返し秀才で真面目だが、繊細な性格で人付き合いが苦手な性格。強いストレスを感じると吐く癖がついてしまっている。

そんな繊細な主人公が、転校初日に同じクラスのバンカラ男・川渕千太郎と出会う。二人はジャズを通して互いに信頼し合える友人となるが…というお話し。

この作品は2018年に実写化もされ撮影も佐世保で行われた。

「色づく世界の明日から」あらすじ

「色づく世界の明日から」あらすじ

物語は数⼗後の⻑崎から始まります。世界観は「⽇常の中に⼩さな魔法が残るちょっと不思議な世界」になっており、17歳の主⼈公「⽉白瞳美」は魔法使い⼀族の末裔として生まれます。

しかし、幼い頃に⾊覚を失い、感情の乏しい子へと育ってしまいます。それを見かねた魔法使いの祖⺟は魔法で瞳美を2018年へ送り出します。

突然、⾒知らぬ場所に現れ、とまどう瞳美の視界には長崎の鮮烈な⾊彩が⾶び込んでくる…というお話し。

ページトップボタン