九州チャットレディプロダクションチャットウィズ

チャットウィズロゴ

受付時間24時間営業

080-9059-1030

チャットウィズ 佐賀店

お問い合わせ

840-0824ページトップ画像

店舗情報

〒840-0824 佐賀市呉服元町

TEL:080-9059-1030

営業時間:24時間営業

定休日:年中無休

「佐賀には何もない」というのはもう過去の話。全国そして世界へ、佐賀の魅力を発信し、飛ぶ鳥を落とす勢いで、快進撃を続けている佐賀県地方創生プロジェクト「サガプライズ!」。これまで佐賀県は、様々な企業やブランドとコラボレーションを行い、誰にも予想が出来ないような奇抜な発想から生まれた奇想天外な企画の数々は、そのどれもが毎回ネット上で話題を呼び、様々なメディアにも大きく取り上げられてきた。コラボする企業やブランドは、雑誌、TVイベント、歌舞伎、ゲーム、アニメ、漫画など、業界の垣根を超えて多岐に渡る。「サガプライズ!」という名称は知らなくても、「ロマンシング佐賀」や「Sagakeen(サガケーン)」、「さが松り」、「サーガ!!!」、「ストリートファイター佐賀」、「ヴィンランド・サガ」といったネーミングを耳にしたことがある人は多いのではないだろうか。さらに、「ユーリ!!! on ICE 」や「ゾンビランドサガ」といった佐賀県を舞台としたアニメの大成功も重なり、2019年の都道府県別の移住希望地ランキング(NPO法人「ふるさと回帰支援センター」調べ)では、若い世代からの移住希望が集まり、第8位にランクインする快挙を見せた。佐賀観光の定番である、呼子のイカ、佐賀牛、吉野ヶ里歴史公園、唐津城、「日本三大美肌の湯」で有名な嬉野温泉、有田焼、伊万里焼、佐賀バルーンフェスタなどの既存の観光資源のみに頼らず、これまであまり注目されて来なかったが、他県に、世界に自慢できる佐賀の魅力を異色のコラボという形で広く発信してきた「サガプライズ!」の取り組みは、地方から都会へ若者が流出する現象を食い止めたい全国の地方自治体からも大きな注目を集めている。

店舗名 With(チャットウィズ)佐賀店
お仕事内容 ライブチャットに来訪するお客様と、パソコンやスマホを使ってインターネット経由でご自身の映像を映しながら会話をするお仕事です。マイクを使って会話をするので、パソコンのタイピングが苦手な方でも簡単にできます。お客様とは直接会うわけではないので安心して働くことが可能です。学生さんOLさんアルバイト・パートさん主婦、子育てママでも、あなたのライフスタイルに合わせ、一番働きやすいスタイルや稼ぎ方を見つけましょう。
応募資格 ・18歳~45歳位の女性の方(高校生不可) ・職歴・学歴・資格は一切必要ありません ・本業・副業・アルバイトなんでもOK ・月に1回の出勤でもOK ・パソコン未経験OK ・未経験大歓迎◎
こんな方にオススメ ・今すぐ稼げるバイトがしたい ・空いた時間に稼ぎたい ・バレずに稼ぎたい ・週1日・数時間だけ働きたい ・掛け持ちバイト・副業がしたい ・在宅で働きたい
面接(ご用意いただくもの) 顔写真付きの身分証明証 (運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・学生証・社員証)※タスポ、ポイントカード等は不可
勤務時間 24時間いつでも自由 深夜/早朝/午前中/昼間/夕方、好きな時間にお仕事して頂けます。
報酬 ・ノンアダルト 最低時給2,000円〜 ・在宅勤務 最低時給2.500円〜 ・アダルト 最低時給3,600円〜 ※完全日払い制 ※ノルマ・罰金は一切ありません ※在宅勤務の場合は週払い、または半月ごとの振り込みとなります。
勤務場所 With(チャットウィズ)佐賀店 〒840-0824 佐賀市呉服元町
待遇・特典 ・登録祝金3,000円 ・入店祝金30,000円 ・給与保証あり ・綺麗な個室で働ける ・シャワー室完備、宿泊可能 ・選べる勤務地 ・衣装無料レンタル ・お菓子、ジュースフリー ・送迎あり(熊本のみ) ・アリバイ対策万全 ・在宅勤務の場合、必要であればパソコンなどの機材貸し出しも可能です。

CONTACT

お問い合わせ

\\質問・疑問などいつでもお気軽にお問い合わせください//

080-9059-1030

年中無休24時間営業

Line登録画像 Line登録画像

24時間受付中!いつでもお気軽にご連絡ください!

問い合わせ背景画像

質問・疑問など気になったことはいつでもお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

080-9059-1030

年中無休 24時間営業

LINEで応募・質問する
佐賀店エリア情報

佐賀エリア情報

佐賀県は、日本列島の九州北部に位置しています。福岡県と長崎県に隣接し、北は世界有数の漁場として有名な玄界灘の海域に面しています。南には肥沃に富んだ佐賀平野が広がり、有明海を一望する事ができ自然に恵まれた田園風景が広がる農業や水産業に適した県です。

また、佐賀には世界的にも有名な陶磁器、伊万里・唐津・有田の産地としても知られいます。歴史においても数多くの貴重な文化遺産を大切にしており、吉野ケ里遺跡や幕末・明治の当時の面影を見る事が出来ます。

中心部である佐賀市は佐賀県の南東部に位置し、幕末から明治期の近代化を先導した「幕末維新期の佐賀の歴史遺産」が市街地の各所に残っています。佐賀市街には、現在に至るまで日本に多大な影響を与えた多くの偉人の足跡も残され、中心には長崎から小倉までの長崎街道が通っており、周辺の柳町では江戸時代から明治期に建てられた建造物が多数残っており、まさに過去を生きた偉人の街を感じ取ることが出来ます。

佐賀市街の中心に位置する中央通りでは、お祭りやイベントも行われ、夏は「佐賀城下栄の国まつり」冬は「サガ・ライトファンタジー」が開催され大いに賑わいます。佐賀市街から5kmほど西に進むと「嘉瀬川河川敷」があり、毎年10月下旬から11月上旬の5日間「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が開催されます。このイベントは世界各国から参加者が集い、バルーンの数は100機を超えます。アジアを代表する国際熱気球大会であり、毎年多くの観光客が訪れています。

虹の松原

虹の松原

幅約500m長さ約4.5kmの広大な地にわたって、弧状に約100万本のクロマツの林が続いている松原。日本三大松原のひとつであり、特別名勝にも指定されている。

幾多もの風景100選に選ばれており「日本の白砂青松100選」「日本の渚百選」「かおり風景100選」「日本の道100選」などに名を連ねている。

17世紀初頭に唐津藩の藩主である「寺沢広高」が新田開発の一環として「防風林」「防砂林」として植樹を行ったのが始まり。以後も主家が変わっても手厚く管理され、明治維新以降は国有林に編入された。

現在は佐賀森林管理署が管理を行い、ほぼ全域が保安林に指定されており、現在においても伐採は制限を受けている。

「虹の松原」の由来は明らかにされていないものの、一説には藩政時代の「二里松原」が語源ではないかとも言われているが、呼称が変わった理由などは知られていない。

吉野ヶ里歴史公園

吉野ヶ里歴史公園

国の特別史跡に指定される弥生時代の大規模な環濠集落跡。

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市をまたぐ吉野ヶ里丘陵に位置し、広さはおよそ50ヘクタールにわたって広がっており、発掘調査により1986年に発見され、現在は国が一部を管理する「国営吉野ヶ里歴史公園」となっている。

弥生時代は日本の稲作文化が始まり、家を作って住むという定住文化の原点とも言える時代です。また、有柄銅剣やガラス製管玉等などの重要な文化財も出土しており、学術的にも非常に高い価値を持つ遺跡となります。公園は大きく3つのエリアに分かれており「環濠集落ゾーン」「古代の森ゾーン」「古代の原ゾーン」がある。

「環濠集落ゾーン」では、支配者層から一般層や祭殿まで様々な当時の住居を見る事が出来る。また300人を受け入れ可能な体験工房や発掘現場の見学も行うことが出来る。「古代の森ゾーン」では、弥生時代の森が再現されており、発掘調査などで明らかになった情報を基に、当時の植物群(照葉樹林を中心にコナラやクリなどの落葉樹)を植生する事で再現している。「古代の原ゾーン」では、主にレジャー施設が設けられており、アスレチックや滑り台などお子様が喜びそうな施設や、グラウンド・ゴルフ、ディスクゴルフといった大人まで楽しめる施設も多い。

佐賀のゆるきゃら「壺侍」

佐賀のゆるきゃら「壺侍」

佐賀県の観光PRキャラクター「壺侍」(つぼざむらい)国内や海外に向けたPR観光イベントで佐賀県の魅力を伝えている。

大昔に、お友達の「壺にゃん」と遊んでいたら有田焼の壺に入ってしまい、目が覚めると現代にいたという過去がある。困っている人を見かけると「どがんしたと?」と声をかけてくれる。

佐賀のゆるきゃら「壺にゃん」

佐賀のゆるきゃら「壺にゃん」

「壺侍」の友達。同じく「壺侍」と一緒に遊んでいたら有田焼の壺に入ってしまいタイムスリップして現代に来た。

佐賀県の素敵な所を見つけるお散歩が好き。

祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)

祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)

佐賀県鹿島市にある神社で、九州有数の有名な神社。伏見稲荷大社、笠間稲荷神社と共に日本三大稲荷の一つ。

参詣者は年間300万人を超え、九州では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数になる。商売繁盛、家運繁栄などで尊崇されている。御本殿は朱を基調とした木造で土台を組んであり、地上から18mという高さにもなる。

夜はライトアップが成され、非常に幻想的な光景を目にすることが出来る。

佐賀駅バスセンター

佐賀駅バスセンター

佐賀駅バスセンターは佐賀駅の東側高架下にあるバスターミナル。

佐賀市から委託を受けた佐賀県バス・タクシー協会が運営している。1番から7番の乗車口があり、佐賀県内の各方面への窓口となっている。8番乗り場は貸し切り乗降口として使われている。

御船山楽園

御船山楽園

御船山楽園(みふねやま らくえん)は標高210メートルの御船山の南西麓に位置し。前身は「萩の尾園」という佐賀藩第28代武雄領主「鍋島茂義」によって造営された。

完成までに約3年の歳月を経ており、現在では武雄市のシンボルとなっている。「御船山」とは、神功皇后が新羅征伐から帰った際に「御船」をつ繋がれた事が由来とされている。

春には20万本のつつじが咲き、5千本の桜と樹齢170年の大藤が迎えてくれるまさに楽園と呼ぶにふさわしい景色を見せてくれる。

唐津くんち

唐津くんち

唐津くんち(からつくんち)は10月~11月にかけ佐賀県唐津市で行われる唐津神社の秋季例大祭であり、平成27年にユネスコ無形文化財にも登録されている。

乾漆で製作された巨大な曳山が囃子(まつりばやし)に合せた曳子(ひきこ)達の掛け声とともに唐津市内の旧城下町を巡行する。

伊万里トンテントン祭り

伊万里トンテントン祭り

10月19日の神殿祭後の週末の3日間行われる祭で、佐賀県伊万里市で毎年行われている。

神輿(みこし)と団車(だんじり)が市内各所で激しくぶつかり合う日本三大喧嘩祭りの一つである。

ゾンビランド・サガ

ゾンビランド・サガ

近年、佐賀県の知名度を最も上げたメディアの一つ。

オリジナルアニメ「ゾンビランド・サガ」は元々佐賀県の為に作られた企画ではなかった。Cygamesの竹中信広が既存のキャラクターから「ゾンビがアイドルをやるアニメ」を着想し「アイドルゾンビ」という企画を立ち上げた。しかし、Cygamesの社内では企画が振るわなかったらしく、なかなか稟議が通らない状況であった。

そのような状況中、社長である渡邊耕一の出身地である佐賀県からアニメの依頼があった為、企画が進み始め舞台を佐賀県にすることに。佐賀県の協力のもと、ロケハンで現地を回るうちに一般的なアイドルとは離れていった為「アイドル」の文字を外し、タイトルが「ゾンビランド・サガ」となった。

2018年に放送が開始され、そのタイトルの奇抜さとタイトル負けしない内容で瞬く間に人気アニメの仲間入りを果たした。現在は続編にあたる「ゾンビランドサガ リベンジ」の制作も予定されている。

2016年には「ユーリ!!! on ICE」の舞台にもなり、佐賀県はアニメの聖地としての知名度も上がっている。

ページトップボタン