九州チャットレディプロダクションチャットウィズ

チャットウィズロゴ

受付時間24時間営業

080-9059-1030

チャットウィズ 大分店

お問い合わせ

870-0021ページトップ画像

店舗情報

〒870-0021 大分市府内町

TEL:080-9059-1030

営業時間:24時間営業

定休日:年中無休

大分県は、世界一の源泉数と日本一の温泉湧出量を誇る”おんせん県”として全国的に有名です。大分県内各地には、2020年現在、63もの温泉地があり、その中でも”地獄めぐり”で有名な「別府」や、高級旅館・ホテルが立ち並ぶ「湯布院」は毎年多くの観光客が訪れる人気のエリアです。大分県宇佐市にある「八幡総本宮 宇佐神宮」は、全国に4万600社余りある八幡神社の総本宮として、大分県を代表するパワースポットの一つでもあり、年間で150万人もの参拝者が訪れます。大分県に臨む豊後水道では、大きくて身が引き締まった魚が多く捕れ、関アジや関サバは大分県を代表する高級ブランド魚として全国的に人気があります。大分市の中心市街地に位置する大分駅は、2015年に全面リニューアルされ、2015年4月16日にJRおおいたシティ「アミュプラザ大分」として新しく生まれ変わり、映画館、ファッション専門店、とり天・からあげなどの大分名物を提供する飲食店などが駅と一体化した、一大複合商業施設となりました。JR大分駅ビル「アミュプラザ大分」は、2019年に来館者数が1億人を突破、1日の平均来館数は約6万4000人と、地域の活性化に大きく貢献した駅ビルとして大成功を収めています。

店舗名 With(チャットウィズ)大分店
お仕事内容 ライブチャットに来訪するお客様と、パソコンやスマホを使ってインターネット経由でご自身の映像を映しながら会話をするお仕事です。マイクを使って会話をするので、パソコンのタイピングが苦手な方でも簡単にできます。お客様とは直接会うわけではないので安心して働くことが可能です。学生さんOLさんアルバイト・パートさん主婦、子育てママでも、あなたのライフスタイルに合わせ、一番働きやすいスタイルや稼ぎ方を見つけましょう。
応募資格 ・18歳~45歳位の女性の方(高校生不可) ・職歴・学歴・資格は一切必要ありません ・本業・副業・アルバイトなんでもOK ・月に1回の出勤でもOK ・パソコン未経験OK ・未経験大歓迎◎
こんな方にオススメ ・今すぐ稼げるバイトがしたい ・空いた時間に稼ぎたい ・バレずに稼ぎたい ・週1日・数時間だけ働きたい ・掛け持ちバイト・副業がしたい ・在宅で働きたい
面接(ご用意いただくもの) 顔写真付きの身分証明証 (運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・学生証・社員証)※タスポ、ポイントカード等は不可
勤務時間 24時間いつでも自由 深夜/早朝/午前中/昼間/夕方、好きな時間にお仕事して頂けます。
報酬 ・ノンアダルト 最低時給2,000円〜 ・在宅勤務 最低時給2.500円〜 ・アダルト 最低時給3,600円〜 ※完全日払い制 ※ノルマ・罰金は一切ありません ※在宅勤務の場合は週払い、または半月ごとの振り込みとなります。
勤務場所 With(チャットウィズ)大分店 〒870-0021 大分市府内町
待遇・特典 ・登録祝金3,000円 ・入店祝金30,000円 ・給与保証あり ・綺麗な個室で働ける ・シャワー室完備、宿泊可能 ・選べる勤務地 ・衣装無料レンタル ・お菓子、ジュースフリー ・送迎あり(熊本のみ) ・アリバイ対策万全 ・在宅勤務の場合、必要であればパソコンなどの機材貸し出しも可能です。

CONTACT

お問い合わせ

\\質問・疑問などいつでもお気軽にお問い合わせください//

080-9059-1030

年中無休24時間営業

Line登録画像 Line登録画像

24時間受付中!いつでもお気軽にご連絡ください!

問い合わせ背景画像

質問・疑問など気になったことはいつでもお気軽にご連絡ください!

お問い合わせ

080-9059-1030

年中無休 24時間営業

LINEで応募・質問する
大分店エリア情報

大分エリア情報

大分県は九州の北東部に位置し、県庁所在地は大分市になります。キャッチフレーズは「日本一のおんせん県おおいた」を掲げており、その名の通り、源泉数は 4,538ヶ所、湧出量は 291,340L/分 共に日本一を誇っています。

県内には50以上の市町村がありますが、ほとんどの場所から温泉が出るほど。特に「別府温泉」「由布院温泉」は全国的にも知られ、海外の観光客も多く訪れています。

また、地下から湧き出てくる蒸気と熱水を使った地熱発電でも日本一を誇り、栽培や養殖、食文化や美容、医療に至るまで温泉の豊かな恵みを活かしています。

別府地獄めぐり

別府地獄めぐり

別府地獄めぐり(べっぷおんせんめぐり)は大分の温泉観光で最も有名な観光コースです。定期観光バスなどで周遊し、点在する地獄と呼ばれる源泉を見る事が出来ます。

また、2009年には「海地獄」「血の池地獄」「白池地獄」「龍巻地獄」が『別府の地獄』として国の名勝(名勝:日本の文化財の種類一つ)に指定されています。この「地獄」と呼ばれる由来は「豊後風土記」に記されており、鉄輪・亀川の地獄地帯では千年以上も昔から「噴気・熱泥・熱湯」などが噴出していたことから、近寄る事すらできない忌み嫌われた土地とされてきました。そのようなことから、人々からは「地獄」と称するようになり、広く定着していくことになりましたが、一体いつ後からそう呼ばれ始めたかは明らかにさえていません。

では、忌み嫌われていたこの土地が、なぜ今こんなにも多くの人に愛されているのか、それには転機を迎えるきっかけがありました。未開発当時は、源泉地帯が故に足場も悪く、高温の蒸気と辺りを覆いつくす硫黄の匂い。この為、近寄り難い土地とされていましたが「温泉付き別荘」の開発をきっかけに「温泉給湯の源泉」とて整備されました。すると人々が安全に近づけるようになったのをきっかけに「湯治客」がこの地獄をのぞきに来るようになりました。

この反響が地獄を観光施設として生まれ変わらせるきっかけとなり、1910年(明治43年)には海地獄が施設を整えて入場料を徴収する商業体制を整え、広く商業化されていきました。人々に親しまれるようになった後も、「地獄」という言葉は無くなる事はありませんでした。しかし、昔のように忌み嫌われた呼称ではなく、現在では愛称として定着し訪れる人々を魅了しています。

鬼石坊主地獄

鬼石坊主地獄

鬼石坊主地獄(おにぼうずじごく)は、もともと閉鎖されていたが2002年に約40年ぶりにリニューアルされた。

前身は「鬼石地獄」と「新坊主地獄」の二つの園地を整備してつくられており、以前は「鬼石地獄」がけが存在していた。その後、大正元年に噴出て出来たのが「新坊主地獄」である。

共に共通しているのは、99度にも及ぶ熱泥が至る所から吹き上げ、その吹き上がった様が坊主の頭に見えるという特徴がある。「鬼石」という名前は最初の所有者の屋号を取って付けられたもの。

海地獄

海地獄

海地獄(うみじごく)別府に点在する地獄の中でも最も広大な地獄で、4つの地獄名勝の一つ。約1200年前に鶴見岳が爆発した際に誕生したと伝えられている。

一見コバルトブルーの涼しげな色をしているが、この色は硫酸鉄によって作り出された色であり、その温度は98度に達する。この高温を利用し、竹籠に卵を入れ湯に浸けて茹でた温泉卵が有名である。

かまど地獄

かまど地獄

もともとの旧釜戸地獄は枯渇した為、昭和11年に移転・開発された。

「かまどじごく」の由来は、地獄の釜茹でが由来ではなく、竃門八幡宮(かまどはちまんぐう)の大祭で神前に供える御飯を釜戸地獄(旧)で炊いていたことからこの名前が付けられた。この「かまど地獄」だけでも、「地獄の一丁目」から「六丁目」までがある。

鬼山地獄

鬼山地獄

鬼山地獄(あにやまじごく)は別名「ワニ地獄」とも呼ばれている。

実は熱水を利用し、広大なワニ園が整備されており、多様な種類のワニが約80頭ほど飼育されているの。ワニの飼育は大正12年(1923年)に開始された。

ととろのバス停

ととろのバス停

大分県佐伯市宇目にあるこのバス停は、アニメ「トトロ」のバス停として知られています。「ととろ」は実在する地名で「轟」と書きます。

「となりのトトロ」放映後に同じ地名ということで注目を集めました。バス停は山間の小さな集落に位置し、のんびりとした雰囲気は、まさにアニメのトトロを彷彿とさせる森が広がります。

バス停もアニメに出てきたような素朴な小さな小屋になっており、このバス停に、ある日突然アニメのキャラクターのパネルが置かれたことをきっかけに知る人ぞ知るスポットとなりました。

八幡総本宮 宇佐神宮

八幡総本宮 宇佐神宮

宇佐神宮(うさじんぐう)は全国に点在する八幡宮、約44,000社の総本社である。日本三大八幡宮の一つであり、「八幡宇佐宮」「八幡大菩薩宇佐宮」とも呼ばれていた。国宝や重要文化財などの建造物も多く、年間で約150万人が訪れます。

また、謎多き神社としても知られており、狛犬(こまいぬ)においては、多くが左が吽形の雌で「子取り」、右が阿形の雄で「玉取り」の役目を担っているのに対し、宇佐神宮の狛犬は左右どちらとも阿形で、左の狛犬は「邪鬼」を踏んでいます。

作法も一般の作法とは異なり、一般的には二拝二拍手一拝(または二礼二拍手一礼)を作法とするの対し、宇佐神宮では二拝四拍手一拝を作法としています。このような謎が多くあることから、日本神話や史実などに興味のある方にとってはとても興味深い神宮なのだそうです。

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

うみたまごは大分県大分市の高崎山下海岸にある水族館。

前身は1964年(昭和39年)に開園した旧「大分生態水族館マリーンパレス」をリニューアルして、2004年に開業された。リニューアルと言っても大規模なもので、前身である「マリーンパレス」の3倍の規模に拡張されている。この「大分生態水族館マリーンパレス」は世界で初めて潮流式回遊水槽を実現した水族館として知られ、1966年(昭和41年)から7年連続で入館者数日本一という記録を打ち立てました。

また、世界で初めて魚の曲芸を披露したりラッコのショーに関ても、この「マリーンパレス」が世界で初めて行いました。リニューアル時に命名された「うみたまご」の由来は「海の命たちとの深いふれあいを生みだす場として常に進化し続ける水族館」として命名されました。現在の飼育数は約500種15,000点に上り、ふれあいをテーマとしてることから「動物や海洋生物との距離が近い!」と評判です。

ショーに関しても、トド・モモイロペリカン・セイウチ・オットセイ・コツメカワウソ・そしてイルカとバラエティーに富んだパフォーマンスを楽しむ事ができます。

ページトップボタン